忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/20 18:12 |
2.基本的なこと
まずは戦闘の方式から定義しようと思ったんですが、
どんな方式にしろあんまり変わらないことに気がつきました。FFのATBも実質ターン式みたいなもんだし!

ただ、ターン式とATBで本質が異なっている点もあります。
ターン式は全員のコマンドをターン開始前に一斉入力するのに対し、
ATBはコマンドをゲージが溜まったキャラに入力していきます。

よって、戦闘の難易度はATBの方がたぶん低いです。
リアルタイムで入力を求められるという意味では難しいかもしれませんが、
ターン式はターンの流れを予想してコマンドする必要があるので、戦略的な難易度が高くなる…はず。

また、ATBは戦闘のテンポを落としてしまう場合があります。
その最たるものがRPGツクール2k3のデフォルト戦闘でしょう。
まあ大人の事情によりツク2k3のそれはATBではないらしいけど、ぶっちゃけ一緒みたいなもん←

味方と敵の敏捷性を同程度だと、それはもうまったりとゲージが蓄積されます。

ツク2k3は極端な例ですが、ゲージ蓄積を待つ時間のあるATBは戦闘のテンポが落ちるでしょう。たぶん。

そんでもって、その両方の良いとこ取りしたのがCTBで…という流れですが、
なんか本質から外れてる気がするので切り上げます。なんだったんだろかこの記事は!

次はステータスの話なので、普通に考察出来ると思います。もっとダラダラやろう。

PR

2010/11/17 23:11 | Comments(0) | TrackBack(0) | にっき

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<きんがしんねん | HOME | 1.イントロダクション>>
忍者ブログ[PR]